GWサーフィンの痛い思い出

今から18年ぐらい前かなぁ、まだYahoo!でサラリーマンやってた頃、GWに張り切っ夷隅にいったんですよ。波も小さくて人も多くてストレス溜まるばかりでね、夷隅川の河口でなんとか乗り繋いでいたんだけど、ローカルの上手い人が入ってきて乗れなくなっちゃって、仕方なく上がろうかな~って思ったんだけど、ふと

「そう言えばあの向こう側はどうなっているんだろう?」

と、川向こうの海が気になってしまい、沖からパドルで行けばいいのに横着して川を遡ろうとしたんです。勢いよくパドルして一気に昇ろうとしたら

ザクっ!

って右手の中指がナイフで切ったみたいに裂けちゃって、鮮血がぱーって川に流れて俺もそのまま流され軽いパニック状態に陥りました。幸い指の止血方法知ってたからボード上で反対の手で抑えてなんとか出血は止まってるんだけど、離せばまたドクドクと出てくるわけで・・・

両手が塞がっているのでパドルもできず、口でくわえて止血しながら片手パドルで漂流してみたんだけど思うように進まず、仕方なく海パンのすそ切って止血してなんとか上陸。

痛くて泣きそうだったけど、周りにサーファーいるし、我慢しながらなんとか着替えてコンビニ行ったらアロンアルファが売っててさ、それを傷口に塗り重ねて巨大なマッチ棒みたいな指にしてなんとか帰った思い出があります。もう見た目ギャグそのものですよ。

あれ以来、夷隅の0番は俺にとってはワクワクポイントでしたが、その後、陸からのルートで行ったことあるけどなんてことない普通の海でした。

毎年GWになると思い出すわこれ。
皆さんも貝で指切らないように気をつけなはれやっ!